ブログ記事一覧


catch-img

建設業の“新・担い手3法”とは? 主な改正ポイントを3つのテーマ別に解説

2019年6月、建設業法・入契法・品確法の3つの法律が改正され、建設業の担い手の確保・育成に向けた具体的な措置が規定されました。 “新・担い手3法”では、働き方改革の促進、建設現場の生産性向上、災害時の緊急対応の強化・持続可能な事業環境の確保といったテーマで基本理念や法律が見直されています。 本記事では、新・担い手3法の3つの改正ポイントを、国土交通省発表の資料『新・担い手三法について ~建設業法、入契法、品確法の一体的改正について~』を基に解説します。

記事を見る

catch-img

建設業の人手不足問題はどうなる? 人材確保・育成に向けた3つの取組みを解説

近年、建設業界では就業者の高齢化が深刻な問題となっています。建設業が今後も地域インフラの整備・維持という重要な役割を果たしていくためには、人材確保や育成が急務です。このような状況を受け、国土交通省と厚生労働省が連携して建設業の人材確保・育成に向けた取組みの推進に乗り出しました。本記事では、両省で進められている3つの取組みや支援について解説します。

記事を見る

catch-img

“DX”‌で‌建‌設‌業‌界‌が‌変‌わ‌る?‌ ‌コ‌ロ‌ナ‌時‌代‌を‌生‌き‌抜‌く‌た‌め‌の‌デ‌ジ‌タ‌ル‌革‌新‌

現在、建設業界ではICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)やAI(Artificial Intelligence:人工知能)などを取り入れて業務のデジタル化を実現する“建設DX”の推進が進んでいます。本記事では、建設業界で注目されているDXの目的と背景、建設DXによって実現できることを解説します。

記事を見る

catch-img

建‌設‌業‌に‌求‌め‌ら‌れ‌る‌業‌務‌改‌善‌(‌BPR‌)‌の‌課‌題‌と‌実‌践‌ポ‌イ‌ン‌ト

近年、AIやICTといったデジタル技術の発展に伴い、企業の業務や働き方に大きな変革が求められています。建設業においても、人手不足の解消や業務効率化に有効な手段として、設計・施工・管理などの各プロセスでの業務改善(BPR)に関心が寄せられています。本記事では、建設業の業務改善(BPR)を図るうえでの課題や、実効性のある取組みを実施するためのポイントを解説します。

記事を見る

お問い合わせ

お気軽に
無料相談を実施しておりますので、ご検討中の法人様はお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意をしております。